top of page
  • 執筆者の写真安芸心理オフィス

【2020年】対象関係論セミナーのご案内

安芸心理オフィスは精神分析的心理療法を提供している心理オフィスです

安芸心理オフィス代表 岡野泰子

 

当オフィスが関連する過去の専門家向けセミナーをご紹介します。

 

2020年度 広島こころの研究会

その人の無意識的空想を理解し寄り添う クライン派対象関係論の概念は、心理療法の基本として有用なものです。

精神分析的な関わりやクライン派対象関係論を学び、日々の臨床に役立てたい方、ご参加をお待ちしています。


内容:クライン派対象関係論に基づく精神分析あるいは精神分析的心理療法に関する文献購読と事例検討

対象:臨床心理士あるいは公認心理師資格をお持ちの方

   (臨床心理士研修ポイント申請予定) 日時:第3土曜日 19:00―21:30 年10回     

定員:15名

場所:安芸心理オフィス                      

会費:15000円/年 *臨床心理士研修ポイント申請予定

講師:岡野泰子(安芸心理オフィス・エリザベト音楽大学/日本精神分析学会認定心理療法士・日本精神分析

協会研修生)・住岡恭子(岡山大学)  

文献:「クライン派の臨床-ハンナ・シーガル論文集-」 H.シーガル著 松木邦裕訳 岩崎学術出版社

   (副読本:「対象関係論を学ぶ‐クライン派精神分析入門‐」 松木邦裕著 岩崎学術出版社)                 

予定

第01回 04月18日(土) 第1部「クライン派の治療技法」1.メラニークラインの技法 2.象徴形成について

第02回 05月16日(土) 事例検討会

第03回 06月20日(土) 第2部「心的過程」3.空想とその他の心的過程 4.象徴形成について

第04回 07月18日(土) 事例検討会

第05回 09月19日(土) 第3部「精神分析技法」5.精神分析での治療因子 6.逆転移 7.夢の機能

第06回 10月17日(土) 事例検討会

第07回 11月21日(土) 第4部「精神分裂病と分裂機制」8.精神分裂病者の分析のある局面 

9.精神分裂病者での抑うつ 10.精神病治療への精神分析的接近 11.恐怖症形成の基底をなす分裂機制

第08回 12月19日(土) 事例検討会

第09回 01月16日(土) 第5部「その他の臨床課題」12.躁的償い 13.内的対象について 

14.屍姦空想 ⒖.死の恐怖:ある老人の分析

第10回 02月20日(土) 事例検討会

申込終了

 

お問合せ・連絡先:hrcs.a2020@gmail.com広島ロールシャッハ包括システム研究会

〒732-0804 広島県広島市南区西蟹屋2-6-21プログレッソ西蟹屋5号 安芸心理オフィス内

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page